〈混沌の首〉について



2008年に羅入、石川雷太、細野紅葉にて発足。宗教家、美術家、音楽家、ダンサー、舞踏家、役者などにて構成される密教系芸術集団。高野山真言宗僧侶羅入の真言と現代美術家石川雷太率いるErehwonのインダストリアルなノイズ・サウンドにて、神林和雄の供養舞いと、瞑想者による「動く瞑想」が繰り広げられる。瞑想者が鐘や太鼓を打ち鳴らしながらトランス状態で激しく踊る様は、現代の踊り念仏と評される。

〈混沌の首〉の「混沌」とは、一般的な「物事が分別なく滅茶苦茶に乱れた状態」の意味では無く、あらゆるものが生じた大本、全てを包する〈根源〉を表す。〈根源〉はまた、優れた芸術を生み出す啓示的・神示的インスピレーションの源でもあり、故に本来、芸術と超自然的存在(根源)と交信するシャーマニズムやシュルレアリズムは切り離せないものである。

〈根源への回帰〉の儀式でもある混沌の首のライブ/舞台は、時に日没から夜明けまで行われる。


混沌の首は、アートフェスティバル、ライブハウス、フリースペース、神社仏閣、大学、美術館、ギャラリーなど幅広く活動しております。時により厳密な舞台構成を立てる場合もあれば、全編通しインプロヴィゼーション(即興)による場合もあります。場所に応じて二名編成からご対応可能ですので、お気軽にお声がけください。

お誘い、ご依頼はinfo@kondon.orgまでお願いいたします。