『風まち月の魂ふり - 密教・ノイズ・シュルレアリスム -』
2022年6月12日(日)



画像クリックで拡大

画像クリックで拡大

ライブ: 混沌の首、Erehwon
座談会: 内海信彦、羅入、石川雷太、山田遼(司会進行)
座談会テーマ「芸術家が考える生と死 -越境のための、狭間にあるものへのオルタナティブなまなざし-」

日時/2022年6月12日(日) 開場 17:30、開演 18:00
*混沌の首をより深く体感したい方は開場時間にお越しください
*会場内は全面禁煙と致します

料金/一般 3000円、学生 2000円
予約優先制(COVID‐19の流行状況によっては人数制限を設ける可能性あり)
予約方法/予約専用ウェブサイト または、関係者へご一報ください
会場/桜台POOL
東京都練馬区桜台1丁目7-7シルバービルB2F

 

主催/山田遼
共催/アートコア

ーーー

ビデオ撮影:蜂谷翔子
写真撮影:KENTA UMEDA
スタッフ:飯島千恵
flier design :石川雷太、羅入

協力:桜台pool、早稲田大学「内海先生のドロップアウト塾」、内海信彦絵画表現研究室、岩田恵、アトリエサード、惑星詩人協会、和太鼓無音、春山弓子、小林嵯峨、POP HEADS、スカルフィリア、キトゥンカンパニー





本イベント「風まち月の魂ふり」では、雑多な日常に埋もれた我々の、生命としての本願を今一度想起すべく、出演者・来場者双方が境界を超えて瞑想し、万物が生じ/滅する拠り所としての霊場を顕現させる儀式を挙行する。密教系芸術集団「混沌の首」は高野山真言宗僧侶である羅入の真言と、美術家・石川雷太主宰のノイズユニット「Erehwon」が放つ轟音の渦の中で、真の芸術的・啓示的インスピレーションを体得するための根源へ至るべく瞑想を行う。また、「Erehwon」のソロパフォーマンスでは、鉄板や工業用スプリングなどの金属廃材のリアルタイムな打撃音・摩擦音と、TVニュース映像等をサブリミナルにミックスしたパフォーマンスを行い、痛みを伴うような超現実=シュルレアリスムを現前させる。出演者による座談会では、ライブ出演者に加え、美術家の内海信彦を招き、それぞれの作品の写真・映像を紹介しながら芸術家としての活動遍歴を振り返り、優れた芸術作品が共通して持っている「人間の生と死へのまなざし」を、芸術家自身が言葉で語り、自身の死生観が、思考と実践の果てに産まれた美術作品にどのような影響を与えているのかを語り合う。(文責 山田遼)



混沌の首

2008年始動。宗教家、美術家、音楽家、ダンサー、舞踏家、役者などにて構成される密教系芸術集団。高野山真言宗僧侶羅入の真言と現代美術家石川雷太率いるErehwonのインダストリアルなノイズ・サウンドにて、神林和雄の供養舞い、瞑想者による「動く瞑想」が繰り広げられる。瞑想者が鐘や太鼓を打ち鳴らしながら激しく踊る様は現代の踊り念仏と評される。
http://kondon.org/index.htm

羅入 / 構成、真言
石川雷太 / 音構成、Erehwon
昼間光城 / Erehwon
植田昌吾 / 和太鼓
神林和雄 / 供養舞い
山田遼 / 地無し延べ菅尺八、動く瞑想
北野美月 / 動く瞑想

 

Erehwon

美術家、石川雷太が主宰するノイズ・パフォーマンス・ユニット。昼間光城(メタルパーカッション、エレクトロニクス担当)とともに1997年より活動。鉄板や工業用スプリングなどの金属廃材の打撃音・摩擦音のライブ・ミックスによる演奏を行う。インダストリアル・エイジの「光」と「影」が映し込まれたそのサウンドは、現代に生きる我々にとって最もリアルで最も基礎的な、潜在的なBGMだといえる。物質主義や自然主義の立場から独自の哲学を表現する。
http://erehwon.jpn.org/raita_ishikawa

 

内海信彦

美術家/ハーヴァード大学客員芸術家/早稲田大学日米研究機構招聘研究員 /ペルー国立美術学校名誉教授/ペルー国立教育大学客員教授/早稲田大学「内海先生のドロップアウト塾」主宰/「早稲田・リベラルアーツ・アソシエーション」主宰/1992年よりハーヴァード大学を始めとした世界各国の教育機関で講義・ワークショップ・滞在制作を行う。2000年にはポーランド政府より招待を受け、オシフィエンチム・アウシュヴィッツ強制収容所跡でのホロコースト生存者を招いての鎮魂のライブペインティング、聖スタニスワフ・コストカ教会で聖人パピューシコ神父追悼ライブペインティングを行う。1985年より100回を超える個展を世界各地で開催し、特に「Innnerscape Seriese」と題された作品群では特殊なメディウムを用いて独自の墨流し・インクフローペインティングによる技法を確立。宇宙の創生と生命の彷徨を包摂し、ミクロコスモスからマクロコスモスまでを貫く広大無辺な宇宙最古の光を顕現させる。