展覧会
作品
ポートフォリオ
プロフィール
コンタクト


↑画像クリックで拡大します↑

羅入現代水墨画展
 
会期:2021年9月18日(土)〜9月26日(日)*9月21日(火)休館
時間:午前10時〜午後5時(入館は4時まで)

入館料:一般/1000円、高校生・学生/800円、中学生以下/無料
常設展、特別企画展「文人の行き交う街 近江商人が紡いだネットワーク」を含む
・シニア(65歳以上)、HPプリントまたはスマホの画面表示、日本習字会員/2割引
・障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名含む)/無料

会場:観峰館 書院展示室
(滋賀県東近江市五個荘竜田町136 TEL 0748-48-4141)アクセス

共催:アートコア
協力:公益財団法人 日本習字教育財団 観峰館

本展は、高野山真言宗僧侶であり美術や舞台表現などで幅広く活動する羅入(らじゅ)による滋賀県で初となる個展です。現代水墨画を中心に立体作品を交えた羅入の根源世界に触れていただければと思います。ぜひご高覧ください。

根源たる生と死の混沌。目で見えるもの、耳で聞こえるもの、肉体で触れられるものは、揺るぎなき実在感をもって我々の五感を支配 する。しかしそれらは人間のフィルターを介して現れた世界の小さな断片であり、フィルターは我々を人間として成り立たせるための 境界である。あなたが境外を垣間見るならば、人間がいともたやすく壊れることと壊れた先にある広がりを同時に識るだろう。

 ◇

羅入(らじゅ) 高野山真言宗僧侶。京都墨彩画壇、日本書票協会会員。真言密教を土生川正道前官、水墨画を藤原祐寛、銅版画を蒲地清爾に師事。京都墨彩画壇展KBS京都賞他受賞。東京、京都、大阪、札幌、兵庫、富山、イタリア、台湾、韓国等で展示多数。また、密教系芸術集団「混沌の首」を共同主宰。大学、アートフェスティバル、美術館、ギャラリーなどでパフォーマンス公演、熊野本宮大社旧社地大斎原や丹生都 比売神社などで奉納を行い、現代の踊り念仏と評される。アートも宗教も同じく「根源(普遍的集合無意識含む)」に還る術であり、「根源」に即したアーティストや宗教家は媒介者および顕現者であると考え、自身もそうあるべく「根源」に向かい制作・表現を行う。

<アクセス>

・電車・バスをご利用の場合:
(1)JR 琵琶湖線(東海道本線)能登川駅下車
  → 近江鉄道バス(八日市駅行き)で金堂竜田口下車、徒歩約15分(全所要時間約25分)
(2)近江鉄道五個荘駅下車、徒歩約15分
・タクシーをご利用の場合: JR 能登川駅から約10分
・お車(名神高速)でお越しの場合 *無料駐車場完備:
(1)名古屋方面彦根IC から国道号で西(大津方面)へ約16km
(2)大阪方面竜王ICから国道8号で東(彦根方面)へ約16km



越後国際メールアート展

会期/2021年7月24日(土)〜10月31日(日)
会場/ギャラリー湯山(新潟県十日町市湯山446)





羅入現代水墨画展

会期/2021年9月18日(土)〜9月26日(日)
会場/観峰館 書院展示室(滋賀県東近江市五個荘竜田町136)
☆詳しくはサイトトップをご覧ください





選抜 京都墨彩画壇秋季展「神無月の墨と色」

会期/2021年10月27日(水)〜10月30日(土)
時間/10:00〜18:00(最終日は17時まで)
会場/京都文化博物館 5Fギャラリー(京都市中京区三条高倉) アクセス
   TEL 075-222-0888





ミャウゼ2021(仮)

会期/2021年11月5日(金)〜11月7日(日)
会場/安楽寺(京都)
☆猫作品と猫雑貨の展示即売会です






「ハイヌウェレ・レコード」
墨、和紙、パネル/124cm×144cm/2020年
"hainuwele record"
ink,washi,panel/124cm×144cm/2020
「百礼」
2021年/水墨画/墨、珈琲、和紙/182×117cm
"Prostration (Buddhism)"
2021/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,coffee,washi/182×117cm
「UZU」
2020年/墨彩画/墨、顔彩、和紙/20×20cm
森羅「UZU」アルバムアートワーク(ジャケット画像)
"UZU"
2020/Japanese Color Ink Wash Painting/Japanese Ink,Pigments,washi/20×20cm
Shinra "UZU" album artwork (jacket image)
「境界」
2019年/墨彩画/墨、顔彩、和紙/124×144cm
「第 21 回 京都墨彩画壇展」KBS 京都賞 受賞作品
"Boundary"
2019/Japanese Color Ink Wash Painting/Japanese Ink,Pigments,Washi/124×144cm
「魔眼図」
2021 年/水墨画/墨、和紙/40×31cm
"Magic eyes"
2021/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,washi/40×31cm
「海の集会」
2020年/水墨画/墨、和紙/27.5×22cm
"Gathering in the Ocean"
2020/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,washi/27.5×22cm
「ハルキゲニア」
2020年/水墨画/墨、和紙/29.5×42cm
"Hallucigenia"
2020/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,Washi/29.5×42cm
「麗煌韶春瑞祥芳楽(れいこうしょうしゅんずいしょうほうらく)」
2018年/ 墨彩画/墨、金泥、和紙/36.5×26cm
"A beautiful and glorious spring, Greatly delighted by the aromatic sound"
2018/Japanese Color Ink Wash Painting/ Japanese Ink,gold paint,washi/36.5×26cm
「ハイヌウェレ」
2018 年/水墨画/墨、和紙/41×32cm
"Hainuwele"
2018/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,washi/41×32cm
「月冠する獣」
2020年/水墨画/墨、和紙/13.5×9cm
"The Beast crowned the Moon"
2020/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,washi/13.5×9cm
「混沌 弐」
2017 年/墨彩画/墨、顔彩、和紙/91×117cm
"Chaos II"
2017/Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,Pigments,Washi/91×117cm
「混沌 壱」
2016年/水墨画/墨、和紙/130×162cm
chaos I
2016/ Japanese Ink Wash Painting/Japanese Ink,Washi/130×162cm
「日の生まるる極 荘厳し花拝する あまねくの御子」
2014年/打ち掛け、石粘土、胡粉、等
"Where the sun rises, visiting cherry blossoms, praying for the existence of god in the universe"
Wedding kimono, stone clay, whitewash, etc./230×200×100cm
「根源猫」
2015年/石粘土、胡粉、木、他/34×34×13cm
"Cats, the Root"
2015/Stone Slay, Shell White, Wood, etc./34×34×13cm
「艮鎮めの御子」
2015年/樹脂粘土、木、アクリル塗料、等/180×180×20cm
"God to Appease Bad Spirits"
2015/ Resin Clay, Wood, Acrylic Paint, etc./180×180×20cm
「アニマ曼荼羅」
2015年/石粘土、木、胡粉、竹、苔、塩、等/250×250×110cm
"Anima Mandala"
2015/Stone Clay,Wood,Shell White,Bamboo,Moss, Salt./250×250×110cm

* 石川雷太とのコラボレーション展示 Collaboration with Raita Ishikawa



ポートフォリオPDF



羅入(らじゅ)
高野山真言宗僧侶。京都墨彩画壇、日本書票協会会員。真言密教を土生川正道前官、水墨画を藤原祐寛、銅版画を蒲地清爾に師事。東京、京都、大阪、札幌、兵庫、富山、イタリア、台湾、韓国等で展示多数。また、密教系芸術集団「混沌の首」を共同主宰。大学、アートフェスティバル、美術館、ギャラリーなどでパフォーマンス公演、熊野本宮大社旧社地大斎原や丹生都比売神社などで奉納を行い、現代の踊り念仏と評される。アートも宗教も同じく「根源(普遍的集合無意識含む)」に還る術であり、「根源」に即したアーティストや宗教家は媒介者および顕現者であると考え、自身もそうあるべく「根源」に向かい制作・表現を行う。



[個展]
2010  「gROTTaNIMA」アップリンク・ギャラリー、東京
2016  「識閾上の死」ギャラリーgallerygreen & garden、京都
2017  「ゆきゆきて彼岸にゆき」アスタルテ書房、京都
2018  「越境の螺旋」アスタルテ書房、京都
2020  「蠢くアニマ」ギャラリーオルテール、東京
2021  「羅入現代水墨画展」書の文化にふれる博物館 観峰館、滋賀


[グループ展]
2000〜 「銅夢版画工房展」すどう美術館・銀座アートスペース他、東京
2001  「存美派ミニアチュール2001展」忘れな草、東京
2004  「台湾日本蔵書票交流文化展」入選/台南アートセンター、台湾・日本
2004  「ダンテ書票展」イタリア
2007  「GIRLS ART展」DIE PRATZE、東京
2008  「第13回全国蔵書票展〜現代日本と海外蔵書票展〜」入選/コニカミノルタプラザ、東京
2010  「銅夢版画工房蔵書票展」ギャラリータマミジアム、愛知
2012  「2012・仙台アンデパンダン展」SARP、宮城
2013  「百年後の君へ SINCE 311展」久保惣記念美術館市民ギャラリー、大阪
2013  「SINCE 311展」ギャラリーMONPICA、大阪
2013  「百年後の君へ SINCE 311展」日本福祉大学、愛知
2014  「ねこと原発展」キトゥンカンパニー、京都
2014  「イノチコア in 青垣」かじかの郷、兵庫
2014  「ねこと原発 特別展」白雲館、滋賀
2014  「ミャウゼ2014」安楽寺客殿 椛・ギャラリー花いろ、京都
2015  「フラクタルネコ展」キトゥンカンパニー、京都
2015  「みゃんでい・ねこまや猫じゃ祭り vol.8」白雲館、滋賀
2015  「THE LIBRARY in KYOTO 2015」MEDIA SHOP gallery、京都
2015  「猫族の作品展 2015」ユーアーツギャラリー、大阪
2015  「京展」入選/京都市美術館別館、京都
2015  「間伐材と伝統竹工芸・学びの〜未来展〜」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、滋賀
2015  「琳派400年記念 2015京都野外彫刻展」京都府立植物園、滋賀
2015  「高野山アニミズム展」高野山真言宗準別格本山無量光院、和歌山
2015  「ミャウゼ2015」安楽寺客殿 椛・ギャラリー 花いろ、京都
2016  「THE LIBRARY in KYOTO 2016」MEDIA SHOP gallery、京都
2016  「みゃんでい・ねこまや猫じゃ祭り vol.10」白雲館、滋賀
2016  「第18回全国公募 京都墨彩画壇展」京都市美術館、京都
2016  「猫族の作品展 2016」ユーアーツギャラリー、大阪
2016  「神獣展」ぎゃらりぃホンダ、大阪
2016  「同時代アンデパンダン展」同時代ギャラリー、京都
2016  「ミャウゼ2016 〜本の中の猫〜」ギャラリー桜谷47、京都
2017  「第19回全国公募 京都墨彩画壇展」日図デザイン博物館、京都
2017  「羅入・石川雷太二人展 猫とモスクワ」Bar & Gallery 卍、北海道
2017  「羅入・石川雷太二人展 GATE/PASSAGE」さっぽろ天神山アートスタジオ、北海道
2017  「LINK展15」京都市美術館」ギャラリー桜谷町47、京都
2017  「Labyrinth 白昼夢への誘い」ギャラリーオル・テール、東京
2018  「LINK展15 スピンオフ展」ギャラリーマロニエ、京都
2018  「第20回全国公募 京都墨彩画壇展」京都市美術館別館、京都
2018  「同じ刻を生きる作家展2018」元崇仁小学校、京都
2018  「藤原祐寛個展と一門展」高野山ギャラリー、和歌山
2018  「LINK展16 IN VIVO-細胞の声をきけ-」京都市美術館別館、京都
2018  「ミャウゼ2018」ギャラリー 桜谷町47、京都
2018  「夢覚画報」Bar & Gallery 卍、北海道
2018  「タツノコジェニック 四国まるごと美術館」太龍寺ロープウェイ、徳島
2019  「わたしの年賀状コンクール」財団法人三甲美術館、岐阜
2019  「干支展」MDP GALLERY、東京
2019  「第19回 LAMP展」JARFO京都画廊、京都
2019  「タツノコジェニックアート展」京都造形芸術大学、京都
2019  「サスケ誕生祭」キトゥンカンパニー、京都
2019  「第21回全国公募 京都墨彩画壇展」京都文化博物館、京都
2019  「響きあう森」ONO ATELIER & SPACE、京都
2019  「MANGA展」art forum JARFO、京都
2019  「ミャウゼ2019」安楽寺客殿 椛、京都
2019  「海の神獣展」ぎゃらりぃホンダ、大阪
2019  「Art Of Giving vol.4」MDPギャラリー、東京
2020  「Exhibition of the artists living at this moment 2020」同時代ギャラリー、京都
2020  「第18回日韓美術交流展」胡麻アートセンター、韓国
2020  「ミャウゼ2020」安楽寺客殿 椛、京都
2020  「選抜 京都墨彩画壇展「霜月の墨と色」」京都文化博物館、京都
2020  「ミャウゼ in かんぽうかん」観峰館、滋賀
2020  「第5回 同じ刻を生きる作家展」同時代ギャラリー、京都
2021  「第3回 アートハウスおやべ現代造形展」アートハウスおやべ、富山
2021  「同時代展 -想像力との出逢い-」同時代ギャラリー、京都
2021  「第23回 京都墨彩画壇展」京都市美術館別館、京都
2021  「第18回 LINK展」京都市京セラ美術館、京都


[受賞・入選]
2004  「台湾日本蔵書票交流文化展」入選
2008  「第13回全国蔵書票展~現代日本と海外蔵書票展~」入選
2015  「京展」入選
2016  「第18回全国公募 京都墨彩画壇展」特選
2017  「第19回全国公募 京都墨彩画壇展」優秀賞
2018  「第20回全国公募 京都墨彩画壇展」入選
2019  「第21回全国公募 京都墨彩画壇展」KBS京都賞
2021  「第3回 アートハウスおやべ現代造形展」入選
2021  「第23回全国公募 京都墨彩画壇展」京都市会議長賞


[メディア]
2017  「アトリエサード」掲載
2020  「ExtrART」掲載


[主なパフォーマンス公演(密教系芸術集団「混沌の首」、羅入ソロ)]
2008   混沌の首企画「火祭り」*山奥で火を焚きノイズミュージックのライブで夜通し行われた野外瞑想会/伊豆
2010   早稲田大学校友会 稲城稲門会企画「世界の宗教音楽と現代アート」/稲城市地域振興プラザ、東京
2010   羅入展「gROTTaNIMA」関連企画/アップリンクファクトリー、東京
2010  「奉納瞑想ライブ」/熊野本宮大社 大斎原、和歌山
2010  「奉納瞑想ライブ」/丹生都比売神社、和歌山
2010  「会津アートカレッジフェスティバル2010」/森の校舎かたくり及び山びこ周辺、福島
2010   粉川哲夫ゼミ「身体表現ワークショップ・石川雷太+混沌の首」/東京経済大学 国分寺キャンパス、東京
2011  「ベルメールと日本の球体関節人形」関連企画/ギャラリー パラボリカビス、東京
2011  「混沌の首資料展」関連企画/Gallery TURNAROUND、宮城
2011   石川雷太展 「ノイズ・テロル・サブリミナル」関連企画/ギャラリー パラボリカビス、東京
2011  「DESTRUCTION CHAOS Vol.18」/EARTHDOM、東京
2012  「仙台アンデパンダン展2012」/中本誠司現代美術館、宮城
2015  「THE LIBRARY in KYOTO 」関連企画/メディアショップギャラリー、京都
2016  「Gate of DAWN」*KYOTO EXPERIMENT 2016 オープンエントリー作品/UrBANGUILD、京都
2017   羅入・石川雷太展「GATE/PASSAGE」関連企画/さっぽろ天神山アートスタジオ、北海道
2017   石川雷太展「猫も歩けば...」関連企画/車の道場、福井
2017  「LINK展15」/京都市美術館別館、京都
2017  「Requiem para la Revolucion」*内海信彦の作品の前にて/桜台pool、東京
2019   混沌の首十周年記念企画「靈的革命/サイキックレフト」/ロームスクエア(ロームシアター中庭)、京都
2021  「バーチャルの具体性」関連企画 *松澤宥、ゾエ・シェレンバウムの展示空間にて/花園アレイ、東京




展示のお誘い、お仕事のご依頼などは以下へ連絡ください。

lajukondon.org

一週間ほど経っても返信の無い場合はメールが届いていない可能性があります。
お手数ですが mandalajugmail.com かSNSより再度ご連絡をお願いします。



copyright © 2013 Laju .All Rights Reserved.